金利タイプ

住宅ローンの金利は市場金利に連動して金利が変動する「変動金利型」、固定金利期間中は金利が一定である「固定金利型」、最終返済時まで金利が変わらない「全期間固定金利型」の3つのタイプから、金利情勢やライフプランに合わせてご自由にお選びいただけます。
  変動金利型 固定金利型
(2・3・5・10年)
全期間固定金利型
イメージ図 変動金利型イメージ図 金利変動のイメージ図① 金利変動のイメージ図② 固定金利型イメージ図 全期間固定金利型イメージ図
適用金利

・半年ごとに見直し
見直し基準日は毎年4月1日と10月1日

・一定期間(2・3・5・10年)の金利で固定
固定金利特約期間終了時には変動金利型となりますが、その時点の金利で固定金利特約期間を再設定することができます

・完済まで一定で変更なし

返済額

・5年ごとに見直し
(ただし、元利均等返済の場合、変更前の返済額の125%までが限度)

ご留意事項

・固定金利特約期間終了後に見直し
(適用金利の変更による返済額の増減に限度なし)

・完済まで一定で変更なし

こんな方に
おすすめ
金利の動向をタイムリーに活かしたい方 当面の返済額を確定させながら、
将来の金利動向を見極めたい方

長期的に資金計画を考えたい方

メリット

・金利下降局面において、当初の計画よりも借入残高が早く減少します。

・金利の動きを見ながらいつでも、固定金利型に切り替えができます。

・金利上昇局面においても、固定金利期間中の金利が確定されるため、固定金利期間中の毎回返済額(残高)が確定できます。

・最終返済時までの毎回返済額が借入申込時に決定するので、返済計画がたてやすいです。

デメリット

・金利上昇局面において、毎回返済に占める利息負担が大きくなり、元金への充当額が減少します。当初の計画に比べお借入残高の減少が遅くなります。

・金利下降局面においても、金利が固定されるため、固定金利期間終了時までは金利低下のメリットは受けられません。

・固定金利期間中は金利タイプを変更することはできません。

・他のタイプよりも金利水準は高めです。

・ご返済中に他の金利タイプに変更することが出来ません。そのため、金利が低下しても金利低下のメリットは受けられません。

いずれの金利タイプも魅力的。ご選択に迷った場合はミックス返済へ。

金利タイプ選択のイメージ

お借入時を含め、借入期間中は、変動金利型または固定金利型のいずれかをご選択いただきます。
なお、固定金利型の期間は2年・3年・5年・10年となります。

金利タイプ選択のイメージ

ページの上部へ