住宅購入の資金計画

お気に入りの物件が決まりましたら次に大切なことは、マイホームを購入するための「資金計画」です。通常広告等に記載されている分譲住宅やマンションの金額は、本体価格のみです。マイホームを購入するためには住宅の本体価格以外にも、各種税金や手数料が必要になります。諸費用の総額は、新築住宅の場合で住宅価格の3~5%、中古住宅の場合で住宅価格の5~10%が目安とされています。そのほか、引越し資金や家具購入資金なども必要となりますので余裕を持った資金計画をおすすめいたします。
また、ちば興銀の各種住宅ローンでは、マイホームを手に入れる際に必要な費用のお借入れにも、ご利用いただけます。

● 購入(請負)時に必要な費用

売買(請負)契約に関する費用 売買(請負)契約時

印紙税(売買契約書、請負契約書へ貼付)

仲介手数料

住宅ローンご利用に
ともなう費用
住宅ローン契約時

事務取扱手数料(32,400円)

保証料

担保設定費用

印紙税

火災保険料

登記に必要な費用 建物表示登記 土地家屋調査士報酬
土地・建物所有権登記 登録免許税(所有権保存登記・所有権移転登記)・司法書士報酬
その他 取得時 消費税・固定資産税等精算金

※火災保険料は、建物の種類、構造等によって異なります。
 詳細は、ちば興銀窓口、ローンプラザへお問い合わせください。

● ケースによっては必要となる費用

取得時の費用 土地・建物の調査等 検査、地盤調査・解体工事費(戸建)
提携ローン利用時 提携ローン事務手数料
入居時

修繕積立基金(マンション)、水道加入金(戸建)、

引越し費用、家具・照明代

請負時の費用 建築期間中 地鎮祭・上棟式費用

● 入居してから必要な費用

取得時の税金

入居後すぐ

不動産取得税
所有時の税金 入居後、毎年 固定資産税、都市計画税

ページの上部へ